季節のひとりごと

– 2016年 秋のひとりごと –

autum

南向きの部屋の窓から見える 少し早く秋色に染まり始めた札幌の山々を眺めながら、
「こんな色のセーターが欲しいわ。」と お友達が呟きました。

温かいカップを手に、私も思わず頷きました。
自然の織り成す四季折々の色彩は、美しくて見飽きることがありません。

午後の和らいだ日差しの向こうの木々の紅葉は、1日1日静かに次の季節に近づいていくようです…。
肌寒くなる少し前の 優しい秋、1番好きな季節です。